庭木の見た目を美しくする剪定とは|プロに任せると安心

男女

森の健康を守る作業

木とチェーンソー

木々を丈夫に育てる

「手つかずの自然」という言葉には、とてもロマンティックな響きがあります。人間の手が加わっていない山林は動植物の宝庫であり、理想的な生態系が保たれているというイメージがあります。ただ、森や林を資源として、つまり人がそこから自然の恵みを受け取るべき存在として見た場合、管理がまったく行われていない状態は必ずしも望ましいものではありません。健康な山林を維持するには、間伐と呼ばれる作業が欠かせないものとなります。間伐とは、山林において一定の法則に従って一部の樹木を伐採することをいいます。間伐を適切に行うことにより、伐採対象以外の樹木は丈夫に力強く育つことができるようになります。また、土砂崩れなどの自然災害の防止にも役立ちます。

風や雨にも強くなる

自然状態そのままの山林は、何十年も放置しておくと樹木の密度が高くなりすぎ、互いの成長を阻害し合うようになります。その結果、陽射しが十分に届かず、土壌もやせ細ってしまい、山林全体に「共倒れ」のリスクが生じてしまいます。これを防ぐのが間伐の目的です。樹木を間引いて残された木々の間隔を十分空けることにより、それぞれの木に宿る成長力が存分に引き出されます。根を広げる余地も確保されて地面にしっかりと定着するため、風雨などに対する抵抗力も強化されます。また、間伐によって日照が地面に届く量が多くなれば、下草の成長も促されます。それに伴って昆虫や微生物なども生息できるようになるため、生物の多様性も保たれます。